神戸市情報公開審査会 体罰教師の氏名公表の答申!

今日の神戸新聞の記事です。「神戸市情報公開審査会は、神戸市立学校の体罰報告書に関する情報公開請求に対し、教職員名を非公開とした神戸市教育委員会の決定を妥当とせず、一部を除き公開を求める答申を出した。市教委はあらためて公開の可否を検討するが、これまで答申に反して非公開とした例はない」とのことです。体罰教師の問題は、何度かブログでも書き、常任委員会でも松本のり子議員が取り上げました。最初、体罰を否定していたK中学の教頭も、認めざるを得なくなった経過がありました。しかし、その体罰教師はたいしたお咎めもなく、今はO中学の教頭になっています。教育委員会に都合の悪いことはなんでも隠したがる神戸市教育委員会が、今後、体罰をなくすためにも氏名を公表することを強く求めます。それと同時に、体罰の処分が甘すぎるという現状も変えていかなければならないと思います。学校では、何よりも児童・生徒の人権が守られなければならないということを、子どもたち自身も保護者の皆さんもそして、教職員の皆さんも改めて認識して、体罰という暴力をなくしていきましょう。


地域の運動会&事務所開き

秋晴れの昨日、大沢地域で学校・地域の合同運動会にお邪魔しました。この地域は、少子化で来年入学する子どもさんは、2人ぐらいとか。地域と一緒に運動会をされています。子どもたちを地域の大人みんなで見守っている姿が印象的でした。写真は大沢名物の綱引きです。毎年綱引き大会も行われています。

IMG_20130928_095317

その後、市会議員補欠選挙で頑張る朝倉えつ来さんの事務所開きに参加しました。ぜひ10人の議員団をと、皆さんに訴えました。朝倉さんは初めて挑む選挙ですが、いつもにこにこして頑張っています。写真は、あいさつする朝倉えつ子さん。後ろは市長選挙で頑張るぬきなゆうなさんです。

IMG_20130928_111947


秋晴れの宣伝

3連休初日の昨日は、補欠選挙でがんばる朝倉えつ子さんとともに、若い人たちがたくさん住むニュータウンや農村地域を宣伝しました。来年から中学校給食が始まること、よりよい給食の実現を願って私たちは頑張ること、開発中心の市政の転換めざすことなどお話ししました。朝倉さんも心を込めて訴えていました。アナウンサーと合唱団で鍛えたきれいな声で、自分の言葉で訴えていました。農村地域では、コスモスの花が満開でした。

IMG_20130921_112711

IMG_20130921_125929


決算委員会質疑

今日は、決算特別委員会企画調整局の審査で質問しました。神戸市は、医療産業都市ということで、ポートアイランド二期に病院や医薬品企業、医療機器関連企業など252社を誘致しています。ここはみなと総局が開発したところで、企画調整局がみなと総局から土地を買って、病院や大学などに無償で貸しているところもあります。ここに投じられたお金は、国のお金も含めて1600億円余りです。国際イノベーション特区ということで、これからもどんどんお金を投じるでしょう。最先端の医療や先制医療(病気になる前に治す医療)など受けれるというのですが、こういう医療は自費部分もおおくかかり、結局一部の人しか受診できません。普通の医療も受けられないという相談を多く受けている私は、大きな矛盾を感じながら、これ以上の投資をすべきでないということ、中小企業のつくる医療機器や製品が増えているのかと言う問題、雇用について質しました。詳しくは後日動画をアップします。


決算議会始まる

先週から決算議会が始まっています。今回は、企画調整局の審査と最終本会議で一般質問を担当します。先週の土日は、全国の中小業者さんが集まる「中小商工業全国交流・研修集会」に参加し、中小企業振興条例について、制定している自治体の実践などを学んできました。地元の民商の役員さんたちとも交流できました。今日は、松本議員と大かわら議員が代表質問を行います。これから1カ月余り、議会が続きます。終わればすぐに市長選挙です。

IMG_20130907_124307-2


仙台市視察

8月20日から3日間、総務財政常任委員会で仙台市・さいたま市・東京都・横浜市に視察に行きました。仙台市では、東日本大震災の復興の状況と今後の課題を聞きました。津波被害のひどかった沿岸部、人口約2万2千人の地域は、集団移転が必要とのことでした。住宅の再建方法としては、集団移転が約50%、単独移転が26%、復興公営住宅への移転希望が23%となっていました。バスで、仮設住宅・建設中の復興住宅を車窓から見ました。津波被害に合った荒浜小学校を見せていただきました。2階まで津波に襲われましたが、4階建てだったため子どもたちや避難した住民の皆さんは助かったそうです。現在は廃校になっていますが、当時のまま残されており津波被害のひどさが一目でわかりました。建設中の復興公営住宅。希望するすべての人が入居できるといいのですが・・・

IMG_20130820_143911

IMG_20130820_144851津波被害のひどかった荒浜小学校。4階建ての1階部分。写真向こう側が海で、窓を突き破って天井まで水が来た様子がはっきりわかります。校長先生が、毛布や食料などを4階に備蓄し、いざとなったら上で避難すると決めておられたため、学校にいた児童は全員無事だったそうです。


生活と健康守る会、対区交渉

一昨日、神戸北生活と健康を守る会の対区交渉に参加しました。8月から生活保護基準の引き下げが強行され、その上神戸市では生活保護受給者に支給されていた「福祉パス」が廃止され、受給者の皆さんにとってはダブルパンチです。参加者からは異口同音に生活の厳しさが語られました。制度の問題では、生活保護受給者がエアコンを購入する際、貸し付け制度があるのですが、保証人が必要なため実際には利用できなくなっています。他都市では、保証人などいらない自治体もあるとのこと。制度が必要な人たちが利用しやすいものになっていなければならないと思います。特に最近の異常気象で熱中症が増えている中で、エアコンは必要なものになっています。参加者の中からも「熱中症に罹って救急車で運ばれた。」という声も聞かれました。皆さんの声を受け止めて、生活保護行政が少しでも良くなるようにと強く願います。私たちも議会で取り上げる問題が、たくさん見えてきました。


核兵器なくせ・原発は0に!

今日8月6日は、広島に世界で初めて原子爆弾が投下された日です。今年で68年を迎えます。14万人の命を一瞬で奪い、いまなお放射線の影響で苦しむ多くの方がいらっしゃいます。被爆者の平均年齢も78歳を超えていますが、国は原爆症の認定制度の改善や国家補償なども行っていません。さらに、原発事故による人体への被害もこれから懸念されます。9640人もの人が、白血病の労災基準を超えて被爆して働いていたことも報道されています。「核」による被害をこれ以上出さないという点で、「核兵器なくせ・原発は0に」の運動をさらに発展させることが大切だと思います。


参議院選挙 躍進!

参議院選挙で日本共産党は、比例5議席選挙区3議席を獲得し非改選議席と合わせると11議席となりました。大きな躍進です!党員・後援会の皆さん、ご支援いただいたみなさん、お疲れ様でした。私も、毎日フェイスブック・ツイッターは書き込んでいるのですが、ブログと連動できていないためブログまで手が回りませんでした。早急に連動できるよう、管理人さんにもお願いしたいと思います。今回の選挙は、初のインターネット選挙とも言われ、特に若い人の間では、ツイッターなどで動画を見たりそれを拡散したりということが短時間の間にひろまったそうです。日本共産党の「拡散部」も一役かったと思います。選挙区で当選された3人の方も、ツイッターや動画の配信がバンバンされていて、中味も感動モノでした。地道な活動の積み重ね、プラスアルファーの活動が全体の勝利につながったのでしょうか。早速行われる国会での論戦が待ち望まれます。


議員辞職勧告決議

今日の本会議で、みんなの党の会派だった藤川議員の辞職勧告決議を行いました。詐欺の容疑で逮捕・起訴されながら、辞職しないままだからです。本来なら、みんなの党がきちんと本人に辞職を促すべきですが、それができないため全議員による辞職勧告決議となりました。藤川議員は、一日も早く辞職して責任をとるべきです。