後援会・決起のつどい

IMG_20130622_140914IMG_20130622_153201

今日は参議院選挙・県知事選挙勝利めざした後援会のつどいがおこなわれました。金田峰生さん、田中耕太郎さんのあいさつもありましたが、お二人とも闘志満々でした。最近の情勢が、われわれのがんばりで変わりつつあることや、頑張れば勝利できる可能性があることなど、元気の出るお話しでした。私たち兵庫区・長田区・北区の共産党市会議員は、選挙カンパを訴えたくさんのカンパをいただきました。選挙本番まであとわずかですが、多くの人に声をかけなければと思います。


北区ピースパレード 2013

IMG_20130615_134905今日は雨の中ピースパレードに参加しました。毎年7月に行いますが、今年はいつもの平和行進と少し趣を変えて、暮らしの問題なども取り上げてアピールしました。西鈴蘭台の駅前から鈴蘭台の駅前までシュプレヒコールしながら歩きました。沿道の人も「年金下げるなやて。ホンマやわ。がんばってな!」などと、声をかけてくださいました。終わったらびしょ濡れでしたが、さわやかな気分でした。


みんなの党 神戸市会議員の逮捕

みんなの党市会議員の藤川氏が、交通事故の休業補償をだましとったとして、先週詐欺で逮捕されました。同じ市会議員として恥ずかしいことです。みんなの党は藤川氏から3月に相談を受けていたにも関わらず、党として事実関係を調査することもせず、逮捕されればすぐに除名するという措置をとりました。これは公党として無責任な対応だと思います。会派の議員が起こした問題に対して、公党としてきちんと事実調査を行う、市民に説明する、そのうえで除名などの処分を行うなどは当然のことです。従軍慰安婦問題での維新の会代表の橋本発言といい今回のみんなの党の問題といい、第3極といわれた勢力に国民の願いを託すことができないことがはっきりしました。 日本共産党はきちんとした綱領・規約を持ち、それに基づいて党員が国民と結びき、願い実現のために活動しています。独立した政治資金ももっています。あらためて、日本共産党は政党としての本筋を歩んでいると確信しました。


東北地方視察 その2 気仙沼 南三陸町 石巻

IMG_20130524_080331視察三日目は気仙沼から石巻市まで、森本議員の運転で現地の状況を見ました。写真は津波で打ち上げられた漁船です。保存か解体か賛否両論あったそうですが、どうやら解体されるようです。周りは空き地のままで菜の花が咲いていました。

 

IMG_20130524_094320その後南三陸町に走りました。写真は総合防災庁舎です。ここで津波避難を最後まで呼びかけられた職員さんたちに合掌しました。ここも周りは更地です。

 

IMG_20130524_113131

IMG_20130524_120330

最後に石巻市に行きました。国のグループ助成制度を使って新しい建物がいくつか建っていました。漁船も結構船着き場に係留しており、復興の兆しが見えました。

県会議員さんと懇談させていただきましたが、背後地の被災と風評被害、輸入品の高騰、今後の消費税増税などで本格復興に向けて、課題は山積とお聞きしました。

どこもハード面の復旧は急ピッチで進んでいましたが、生業と生活の再建は2年以上たっても進んでいないと実感しました。もっとここへの国の全面的な支援が必要です。


神戸電鉄脱線事故から二日

IMG_20130529_095232一昨日起こった神戸電鉄の脱線事故から二日たちました。脱線の原因はまだ特定されておらず、明日も谷上~岡場間、有馬口~有馬温泉間は不通だそうです。運転再開は目途がたっていません。神戸電鉄は、2006年1月22日、2月4日に今回と同じ有馬口のポイントで脱線を起こしており、徹底的な原因究明が必要だと思います。日本共産党としても、安全性の確保など神戸電鉄に申し入れを行う予定です。


東北地方視察その1 青森県・岩手県陸前高田市

IMG_20130523_12280422日から24日まで、東北地方を視察しました。青森県では、JRから青森県の第3セクターが運営する青い森鉄道を視察しました。青森県が線路などを所有し、第3セクターの会社が線路を使用して運営するという「上下分離方式」を採用しています。これまでの経過や現在の状況などを聞き取りしました。二日目は陸前高田市を視察しました。写真は「奇跡の一本松」です。陸前高田市は、津波被害のひどかったところです。7万本あった松が津波で根こそぎ流され、一本だけ残った松は「希望」そのものでした。現在一本松そのものは枯れてしまったそうですが、枝はレプリカで形成し幹も修復していくそうです。市の職員の方と3人の共産党議員団の皆さんが対応してくださいました。津波被害のひどかった平地は区画整理事業地域に指定され、これから山を削って20戸~30戸と区画をつくり、家を再建するそうです。仮設住宅も見せていただきましたが、阪神大震災の仮設とよく似ていて、寒い風が入ってくるため、何度か改善をさせたということでした。この仮設住宅での暮らしがこれからも数年間は続くと思うと、本当に生活再建が後回しにされていることに怒りを感じました。

 

IMG_20130523_160211この写真は、平地を数十メートルかさ上げしてあります。ここに、URの復興住宅が建設されるそうです。陸前高田市の住民の皆さんは、これまで一戸建てに住んでいた方ばかりなので一戸建てを希望されていたそうですが、それは無理なので高層の住宅が立つということでした。皆さんの一日も早い生活再建を願わずにはいられませんでした。


許せない!橋下市長「慰安婦は必要」発言

日本維新の会の橋下共同代表が、「慰安婦制度というものが必要なのは誰だってわかる」と言って、慰安婦制度を正当化し、おまけに沖縄に行った際に、米軍司令官に「もっと風俗業を活用してほしい」と発言したとのことです。これらの発言は、女性の人権のみならず男性の人権も踏みにじるものであり、日本共産党はただちに批判しています。市田書記局長は、「これほど人間の尊厳をおとしめる発言はない。人間の血が流れているのかと思うくらいだ。公党の党首の資格がないだけでなく、市長たる資格も、国政を語る資格もない」と批判しています。本当にひどい発言です。さらに、従軍慰安婦の問題では、昨年9月20日に神戸市会総務財政委員会で陳情が出されました。その中で、自民党や維新の会(当時はたちあがれ日本)の議員が大変ひどい発言をしていますので、ぜひホームページからご覧いただきたいと思います。神戸市会会議録で検索し、2012年9月20日総務財政委員でご覧いただけます。委員会の最後の方に各会派の意見表明があり、そこでの発言です。


日本共産党演説会盛況

IMG_20130511_142703県立文化体育館で行われた日本共産党演説会は、会場満杯で盛況でした。市田書記局長が、安倍政権の暴走と破たんの中味や安倍政権と正面から対決して国民の立場で対案を示してたたかう共産党の役割を詳しく語ってくれました。参加者の皆さんが元気になる演説会でした。私がお誘いした若いお母さんも参加してくれていました。私たちの日々のがんばりが選挙に直結します。一日一日しっかりと頑張ります。


メーデー参加

IMG_20130501_110024

 

IMG_20130501_112952東遊園地で開催された、メーデーに参加しました。県知事選挙に立候補予定の田中耕太郎さんもあいさつされ、新婦人の皆さんと一緒に写真をお願いしました。(写真上)議員団は、パレード参加の皆さんに連帯のごあいさつしました。(写真下)


市政報告会

IMG_20130428_140545小学校をお借りして、市政報告会を行いました。連休の真っ最中で参加人数が心配でしたが、初めての方の参加もたくさんあり、市政から国政の問題までするどい質問や意見・要望が飛び交いました。参加者が質問に答えたりと、双方向の市政報告会となり2時間があっという間でした。各地域で報告会ができればとおもいます。