久々の市会報告会

今日は、久々の市会報告会でした。朝からパワーポインターで話す内容をチェックし、加えること、省くことを自分なりにまとめました。ちょうど、昨日の神戸新聞に、神戸空港に関する写真の特集があったので、これを貼り付けて皆さんに見てもらいました。神戸空港から関西空港まで行く「ベイ・シャトル」の中がお客がいなくてがらがらの写真、空港島の北側が釣堀になってにぎわってる写真、売れないポートアイランド二期の写真などです。インターネットから、空港島に野鳥が増えている記事も取り出し、貼り付けました。笑い話のような笑えない話ばかりです。お話した後の懇談では、「こんな無駄なことをしている責任をとらせる制度を議会でつくれないのか?いくらこんなに無駄なことをしてると聞いてもむなしくなる」というような辛らつな意見もいただきました。まったく同感です。しかし、議会制民主主義のなかでは、我々がそういう条例を提案しても、今の力関係の中では否決されるということをご説明しました。常々少数の悔しさを本当に感じているのは私たち自身です。その上、無駄使いが市の財政を厳しくしても「それ見たことか!」と言うばかりでは駄目ですし・・・。「無駄使いの悪循環」をどう断ち切るのか?どうやって神戸市の政策を転換をさせていくのか?難問に悩みながら、夕方から支持者の皆さんを訪問しました。「共産党に大きくなってもらわんと、暮らしはよくならんと近所でも言うてるで!がんばりや」と言ってもらい、やっぱりがんばるしかない、と気を取り直して家路に向かいました。


来年度予算に向けての懇談

来年度予算に向けて、団体からの要望を聞くための懇談を開いています。この二日間、保育の関係団体・中小業者の皆さんの団体とお話をしました。共通して出されることは、神戸市の「市民の声を聞き入れない態度」と「決めたことは、どんなに反対があろうとやる態度」です。昨年度公立保育所を民営化したこともしかり、国保や固定資産税の滞納者に対する厳しい取り立てしかりです。じわじわと、行政が「市民をまもるための役所」から、「市民をいじめる役所」に変貌しつつあることを実感しました。そんな中でも、「自分たちの要求は正当だ」と、様々な運動にたずさわる人たちの「不屈さ」には感服するとともに、私たちも、そんな市民の正当な要求をしっかり捉えて議会活動に生かすことが必要だと、再認識しています。朝早くから晩遅くまでの活動に少々ばて気味でしたが、団体の皆さんのひたむきさに励まされる毎日です。


小泉首相靖国参拝・許せない!!

昨日は61回目の終戦の日で、農村部を中心に宣伝をしました。ちょうど朝起きてすぐに、テレビで小泉首相が靖国神社を参拝したと報道していたので、この問題を中心に訴えました。靖国神社は「日本の起こした戦争は、聖戦だった。正しかった」という立場の神社であり、そこに首相が行くことは政府がこの立場を認めることになります。だからこそ中国や韓国はじめアジアの国々は批判をしているのです。首相が開き直って「思想信条の自由がある」などといっている姿を見てあきれました。夜NHKで、「日本のこれから」というトーク番組をしていました。日本の歴史認識のことが話題になったとき、麻生外務大臣が「アメリカの南北戦争でも、北と南で歴史の捉え方は違う」などと、日本の侵略の歴史を否定するかのような発言をしていました。それにたいして、カン・サンジュン東大教授が「内戦の場合はいろんな見方があるが、他国への戦争の場合それは通用しない」旨の発言をされました。テレビを見ていた家族全員拍手でした。しかし、こんな考えの人が外務大臣とは情けない限りです。日本がしっかりと過去の過ちについて反省すること、国民が日本の行ったことをきちんと事実で知っていくこと、ここからはじめることが大事だと思いました。逆に今が良い機会かもしれません。今日も宣伝をして回ります。


有馬にて・郵便局集配業務廃止、署名のお願い

今日は有馬に、郵便局の集配業務廃止反対の署名のお願いに回りました。有馬の町は、お盆休みで来ているお客さんでたくさんでした。お仕事が忙しいのか、お留守のお宅も多かったのですが、署名をお願いすると、ほとんどの方が快く応じてくださいました。中に「配達だけが変わるんでしょう。そんなんやったらしかたないんちゃう?」とおっしゃる方に、「これは第一段で、次には郵便局自身をなくしていく方向なんです」と言うと「それやったら署名しとくわ」と書いてくれました。今日集まった署名は40筆余り。地域の実情もいろいろ聞けました。さいきん有馬は活気があり、レトロなお店も増え歩くのが楽しいです。お昼にはおいしいお好み焼きと餃子も食べて、また市営住宅を回りました。9月に近畿郵政支社と交渉する時までに、たくさん署名を集めないといけません。


市民集会・会場一杯の熱気

昨夜、神戸市会議員団主催の市民集会がありました。私は司会をを務めましたが、いすが足りなくなるほどたくさんの方が参加され、この間の議員団の取り組みに熱心に耳を傾けておられました。会場からの発言も盛りだくさんで、予定していた時間を越えて多くの方の発言が続きました。特に税金が高い問題、国保や介護保険が高い問題から、確定申告を再度行ったり、介護保険料の異議申し立ての運動、国保の分納の利用など、皆さん泣き寝入りではなく、行動しているという発言に、たくましさを感じました。今日も北区では、生活と健康を守る会の皆さんが、区役所と交渉をするそうです。今ある制度をふるに利用しつつ、さらに市民を守る行政にさせるための行動が続きます。今日は一日地域を宣伝して回ります。


街頭宣伝・市民の応援が元気の源

今日は、朝の駅頭宣伝に始まり、一日宣伝デーでした。いつも宣伝するところが決まってきているので、もっといろんなところで宣伝しようと、ハンドマイクを宣伝カーに積み込み、それを降ろして17箇所で宣伝しました。あちらこちらで知り合いに会い「暑いのにがんばっているね」と、声をかけていただきました。また、バイクで近づいてきた方も、ヘルメットを取って「がんばってるね」と、応援していただきました。市営住宅では、出てきて聞いてくれるお年寄りの方もありました。市民の応援が元気の源です。今日は特に、核兵器廃絶の問題・原爆症認定訴訟の勝訴のこと・そして憲法改悪に反対する問題など、平和の問題中心に訴えました。皆さんと平和について考える夏にしたいと、私の思いを語りました。あまりに暑いので、行きつけのお店でアイスコーヒーを飲み、生き返った気分で運転してくれた方と夕方まで宣伝しました。暑い中まだまだ暑い夏が続きます。