医師不足問題・政府交渉で国会に

昨日、医師不足問題で政府交渉に行きました。近畿の議員や国政の候補者が、各地で起きている医師不足による現状を総務省・文部科学省・厚生労働省に訴え改善や支援を要望しました。私は、社会保険神戸中央病院が廃止されないよう社会保険庁・厚労省に申し入れるために行きました。近畿各地で、医師不足で命がないがしろにされている実態が語られ、胸が詰まる思いでした。奈良県では、産婦さんが緊急事態になったにもかかわらず、受け入れる病院がなく、数時間救急車の中にいて、結局亡くなるという事故が起こっています。赤ちゃんは一度もお母さんに抱かれることなく、おっぱいも飲むことなく育っているのです。奈良県の県会議員たちは、二度とこのような事が起こらないよう、周産期母子医療センターと産科医療体制の整備を強く求めていました。また、兵庫県の但馬では、9ある公立病院の「集約化・重点化」が打ち出され、病院のベッドが大幅に減り、病院から診療所に変わってしまう計画まで出ているということでした。豊岡と朝来の議員は、1万7千余りの署名を厚生労働省に提出し「共産党が短期間にこれだけの署名を集めたのはかつてないこと、それだけ住民は困っている」と発言しました。どの地域からも「命に格差をつくってはならない」という思いの要求ばかりでした。私は最後の発言になったのですが、地域に大きく貢献している社会保険病院を無くすことがないよう社会保険庁の担当者に要望しました。交渉して感じたことは、国の役人は地域の実態などをほとんど知らず、机上だけで仕事をしているということ、だからこそしっかり地域の声を国に伝えることが必要だということです。そして、地域の声をしっかり届ける国会議員を増やさなくてはと思いました。兵庫の堀内さんは、但馬の実情などもしっかり把握していて、頼もしい限りでした。


寒い中での市会報告

今日は、小学校の体育館で市政報告会を開催しました。国政の堀内さん、県政対策委員長のぬきなさんなども話をしました。冷え込む体育館の中で、たくさんの皆さんが1時間半の話を聞いてくださいました。私は、アンケートに寄せられた市民の暮らしの実態、負担増や増税がこれからもひどくなることを、総務省の資料で説明しました。今年の負担増でも大変なのに、さらに第二波、第三波がくることを話すと、皆さん真剣に身を乗り出して聞いてくれます。また住民税と所得税の割合が変わるため、住民税が高くなり、それによって国保や介護保険がまたあがります。さらに、75歳以上の人はその上に高齢者医療制度で、皆さんが年金から天引きで保険料が徴収されます。本当にひどいことです。それを推進する自民・公明ではダメだということを、たくさんの人に言ってほしいとお願いしました。さらに、神戸市では負担増に対して軽減策もありません。それを容認しているのは、自民・公明党に加えて民主党です。これも、しっかり言いいました。一方で、神戸市では無駄の典型の神戸空港がすでに搭乗者数が減り、税金が投入されそうだということ、土地が売れなくて借金が返せない事態が来ていること、その上、無駄が無駄を呼ぶ典型の、関空行きの船・ベイシャトルの話もしました。市民負担増と無駄をし続ける市政の状況は、わかっていただいたと思います。時間がないのと寒いので質疑はなしにしましたが、これからも小集会などで、もっともっといろんな方と対話をしながら、市政の中身を話したいと思います。それは、私たちの大切な仕事だと思います。


事務所開きでした

DSCF0448      今日は事務所開きでした。あいにくの雨模様でしたが、たくさんの方に集まっていただきました。写真はまだ準備中の時。バックのDSCF0454     タペストリーはパッチワークで憲法前文が書いてある大作です。製作者からお借りしました。事務所が華やかになりました。左端の写真にある正面の看板は、いつもの私のキャッチフレーズです。「母と子の願いを市政に届けます」ぬきなさんがかいてくれました。DSCF0455 真ん中の写真は、3人そろってご挨拶をいただいているところです。DSCF0464     左の写真、私がしゃべっているとき雨がひどくなってきました。この日手伝ってくれた人が、「振りこむ」と言って雨も縁起がいいんだと教えてくれました。皆さんと一緒にこの事務所を拠点にがんばりたいとごあいさつしました。たくさんのカンパやお花をいただき元気の出る事務所開きとなりました。


郵政公社との交渉

今日は、早朝宣伝を済ませるとすぐに、大阪の日本郵政公社近畿支社へ出向き、郵便局の集配業務廃止・再編の問題で懇談・交渉を行いました。山下よしきさん、堀内照文さん、宮本たけしさん達と、近畿の地方議員・予定候補など20名ほどの出席で、郵便事業部長等と話をしました。秋に集配業務が廃止されたところでは、郵便の配達が夕刊の後になったり、配達員が夜になって懐中電灯で家の表札を確かめながら配達をしているなど、サービス低下が起きている実態が語られました。しかし、郵政公社は「その日のうちに配っていれば、サービス低下ではない」などと平気でいうのです。この問題は、明らかに住民サービスの低下なのですが、郵政公社からすると違うということなのです。それと同時に、集配業務廃止で新しく集配を受け持つ郵便局で、働く人たちにしわ寄せされていることも指摘されました。これから冬場になり、雪の降るところでの配達の遅れなどの問題も出されました。しかし、全体的にどんな実態を示しても「最初だから、慣れてないだけ」とか「雪は今までもあったから大丈夫」などと、郵政公社の方々は、サービス低下を認めない姿勢に終始しました。共産党の地方議員は、みんな地域の実態・住民の要望をよくつかんでいて、話に説得力がありました。しかし、みんながよくしゃべるので、なかなか私は発言できず、最後にやっと有馬の実態を話すことが出来ました。旅館やホテルなどへのポーター便というサービスがなくなり、その上今は集配に来てもらっている旅館などへのサービスがなくなること、そして、切手博物館がある有馬で、観光客がその日の有馬の消印の葉書などを送れなくなることなど、観光地特有のサービス低下の懸念を訴えました。DSCF0443最後に有馬の人たちと集めた署名520筆を渡してきました。それにしても、郵政公社は上から指示を下ろすだけで、地域や現場の実態を見ようとしない官僚的な態度が非常にリアルに見えた交渉でした。


地域に根を張る活動

毎日のように、後援会ニュースを読んでいただいているお宅を20件ぐらい訪問しています。夕方でもお留守のところが多いのですが、いらっしゃるお宅では、色々と話が弾むことも多いです。「この前市会報告が入っていましたね。読みましたよ」「ポスターが色々貼ってあるから選挙かなぁと思っていました。がんばってください。」などの話から、家族の病気の話や地域の話題など多彩な会話をさせてもらいます。3回程度お目にかかると、相手の方からきさくに話をしていただけます。また、名前と顔がお互い一致するのも、3回ぐらい話をしてからです。こつこつと市民の方を訪問する活動は、地味ですが市民の皆さんの思い・要求がわかり、一番大切な活動だと思います。日暮れが早いので5時過ぎには切り上げていますが、毎日付き合ってくれる地元の党員の皆さんには頭が下がります。地域の党員がしっかり地域に根を張っているから、私たちも気軽に訪問できるのです。今日も歩いていると、「防犯」と書かれた黄緑のウインドブレーカーと真っ赤な帽子を被った党員が、バイクで通っていきました。パトロールをしているようでした。長年、地域の活動を熱心にしている彼にも頭が下がりますし、彼が地域で信頼されていることはいろんな方から聞いています。地域を歩くと、皆さんに支えられて議員の活動があることを痛感します。


事務所が出来つつあります

DSCF0440       昨日、6人で選挙で使う事務所の掃除、備品の搬入、スローガンの貼り付けなど行いました。

かわいいイラストは、ぬきなさんが作ってくれたものです。あいにく風が強くて、正面のスローガンは貼れませんでしたが、写真の横の分は、5人がかりで必死で貼り付けました。だんだん事務所らしくなって、今日も支持者の人から「すてきな事務所ですね」と言われました。オレンジ色は私のイメージカラーです。ここで仲間たちと、わいわいがやがやにぎやかに活動したいと思います。