自立支援法は、やはりおかしい

今日は、先日お手紙をくださった障害をお持ちの19歳のお嬢さんのお宅をお訪ねしました。とてもしっかりした方で、いろんなお話をしました。自立支援法の施行で、いままで使えていた移動支援のためのタクシーが使えなくなり、車椅子で電車を乗り継ぎ1時間半かけて職場に通っていることを、まず教えてくれました。そして自立支援法が「障害者の就労を目指す」といいながら、実際には企業説明会を行っても、50社に対して、数千人の障害者の応募があり100分の1の確立であることを教えてくれました。自立支援法に変わるときには、地域支援センターから何度も来られ、説明と何百項目にわたる質問に答えなければならず大変だったこと、今制度が変わって困惑していること等など、たくさん教えてもらいました。障害は一人一人違うから、それに合わせたサポートを受けることができれば、就労支援にもつながるけれど、今の自立支援法では制度だけつくって、地域のサポート体制や個人の意識は変わっていないため、実情は大変であることがまざまざとわかりました。彼女は自分でホームページも立ち上げ積極的に社会と関わりを持ち、いろんなことを発信しようとしていました。その努力に頭が下がるとともに、それを支えているご家族の温かさも伝わってきました。彼女が通う障害者施設にも伺うことを約束して、お暇しました。帰りに駅まで歩きましたが、段差のある歩道、狭い道と坂を行きかう自動車、ごちゃごちゃした踏み切り、どれをとっても車椅子の彼女が一人で移動するには危険すぎます。まだまだ障害者の方に優しい社会とは程遠い現実です。あれこれ考えながら歩いていて、支持者の方とすれ違っても気がつかず、声をかけられて「はっ」としました。まだまだ私たちも障害者の皆さんの実態をたくさん知らなければなりません。それにしても、自立支援法はやはりおかしな法律です。


子どもたちが信頼できる学校になるように

あるお母さんからのご相談で、教育委員会に行きました。中学生のお子さんがクラブ活動にがんばっていたのですが、先生たちの対応の不十分さでクラブを辞め、学校にも行づらくなっているということでした。何度学校と話をしても、子どもの気持ちを考えた対応がなされず、一緒に教育委員会にいきました。お母さんの事情説明と学校側の対応してきた事情説明に食い違いも見られましたが、今後そのお子さんが先生たちを信頼して安心して学校に行けるように、教育委員会としてもきちんと対応したいと言う事でした。来年また学校と話し合いを持つこと、その場に私も同席することなど約束して帰りました。しかし、お母さんが私に相談されるまで約半年が経過しているのです。学校側と何度話しても「のらりくらり」とかわされ、そのうちお母さんもお子さんも、先生に不信感を募らせたということでした。その時間は、親子にとってとてもつらいものだったと思います。「もっと早く相談してくれれば良かったのに」というと、「内申点のこととか、いろいろ悩んだ。たくさんそんな人がいますよ」と言われました。子どもが学校で楽しく生き生きと過ごせるために、親も教師も手をつながないといけないと思います。率直に学校にも意見を言う、親同士話し合いを持つ、いろんなことをして改善が見られなければ教育委員会にも相談する、苦しんでいる子どもに寄り添って大人も行動することが大事ですね。相談されたお母さんは、本当に子どもさんのためにしっかり行動されていました。この問題を個人のこととして片付けるのではなく、苦しんでいる子どもたちがたくさんいること、そして子どもに信頼される学校になるように、大人たちのさらなる努力と協力が求められます。


政府の来年度予算案が決まりました。庶民には引き続く増税・負担増が行われます。まず、定率減税の全廃で、所得税・住民税が増えます。さらに、所得税と住民税の割合が変わるため、所得税は減りますが住民税は増えます。それに伴い、国保・介護保険料が増えます。厚生年金保険料・国民年金保険料も上がります。低所得高齢者の住民税も上がります。一方、大企業・大資本家には1兆円規模の減税が行われます。なんと庶民いじめの予算案でしょうか?企業からの献金をあてにして大判振る舞い、庶民には冷たすぎる政治と対照的です。まだまだこの政府案にはたくさんの問題がありますが、通常国会で審議されるのですからこの中身を大宣伝しなければなりません。通知がきてから「あっ!!」と驚いても後の祭りですから。昨日も市民のお宅を伺うと、明らかに認知症と思える方が、一人でヘルパーさんも頼まず暮らしていらっしゃったり、病気がちの高齢のご夫婦が何とかがんばって二人で暮らしておられました。安心して老後が暮らせるというには、程遠い現実です。一緒に訪問してくれた人も「毎月2~3万の負担増になった。来年が怖い」と嘆いておられました。今の日本の政治を大きく変えていかねばと思う毎日です。


教育基本法改悪強行!!ますますがんばらなければ!

昨日の国会で教育基本法改悪が強行されたことは、ショックでした。国民の声をまったく聞き入れない自民・公明政治に、怒りを通り越して唖然とする思いでした。しかし、共産党の志位委員長の報告を新聞で読み、これで落胆してはいられない、子どもたちに愛国心教育の押し付けをさせないことや、国家が教育に介入していくのを食い止めるのは、これからの私たちの運動にかかっているとわかりました。今日は最近建設ラッシュのニュータウンで、こども署名をお願いしました。若いパパやママが、家から赤ちゃんを抱いて出来て署名に応じてくれました。このかわいい子どもたちに、改悪教育基本法を押し付けられてはたまりません。自民・公明が次に狙っている憲法改悪は、絶対に阻止させなくてはならない、これは私たち大人の責任です。落胆している暇はありません。気持ちを切り替えて、これからますます共産党の出番という意気込みでがんばります。


早朝宣伝

今日は早朝宣伝でした。週に3回から4回毎月早朝宣伝を行っています。午前7時前から駅前で準備をすると、民主党の議員の車が来ましたが、先にこちらが場所を確保しているので、他の駅に移動したようでした。これから選挙前になると、駅の陣取り合戦が激しくなります。これからは、もっと早くから駅に立たなければいけないなと思います。でも4年間ずっと早朝宣伝を続けていますから、選挙前だけ朝駅に立つ議員たちとは違います。支部の男性が3人市会報告を配ってくれました。その人たちの顔見知りも通るため、ごあいさつする人が増えました。7割程度の方が市会報告を受け取り、読みながら歩く人も多いです。今回の市会報告は、社会保険神戸中央病院の存続を国に求めた問題と、有馬郵便局の集配業務廃止問題を取り上げています。地域の人たちに直接かかわる大切な問題ですから、関心も高いように思えました。皆さんに地域で起こっている問題をいち早くお知らせして、悪くさせないように一緒に運動することは、とても大切ですね。私の市会報告を見たある保守の議員が「選挙目当てでやっている」と言ったそうですが、当たり前の議員の日常活動を選挙目当てという人自身は、いったい日ごろ議員として何をしているのでしょうか?


寒い中の街頭宣伝

DSCF0497 昨日は、ぬきなゆうなさんと一緒に、午前中街頭宣伝をしました。大型の宣伝車は、スピーカーが良く、遠くまできれいに音が聞こえます。ちょうど太平洋戦争開戦の日ですので、二度と戦争を起こさないようにとの願いをぬきなさんが訴え、私は市政について訴えました。ある市営住宅の前で訴えていると、寒いのに何人もの方がわざわざ下まで降りてきて、最後まで演説を聞いてくださいました。通り過ぎる車からも、クラクションを鳴らしたり、窓を開けて手を振ってくださいます。いつの間に、私たち人気が出てきたんだろうと、反応のよさにびっくりしました。みんな今の政治に痛めつけられている、そんな中で私たちに「がんばれよ!」と応援してくださっているのですね。私は、市長の公約「市民所得10%アップ」が欺瞞であったこと、汚職や腐敗を皆さんの力で一掃してほしいと訴えました。寒い中でしたが、皆さんの応援で元気の出る宣伝になりました。午後は支持者の方を訪問して、共産党に入っていただきました。「今の世のなか、変な方に行っている」と心配されていて「微力だけどお役に立つなら」と入ってくださいました。その後は、団会議。今行われている決算議会の総括質問を決めたり、今後の議会の対応を議論しました。午後7時半ごろ役所を出ましたが、今日からはルミナリエで市役所の回りは賑わっていました。


生野高原の皆さんと懇談

DSCF0495     今日は、北区のはずれにある別荘地として開発され、今も市街化調整区域のまま様々な問題を抱えている生野高原住宅の皆さんと、北区選出の議員との懇談が行われました。この地域は、回りを西宮に囲まれ、いわゆる神戸市の「飛び地」となっています。また、開発業者が破綻したことなどから、上下水道の整備などが神戸市の責任で行われていません。交通手段は自家用車だけでバスもありません。私たちは、9月10月の議会で他の議員とも何度も調査して、この地域の問題を水道局・建設局(下水道)で取り上げました。それに先立ち、住民の皆さんへのアンケートもお願いしました。思ったよりたくさんのアンケートが返送され、この地域の問題の解決は急務だと思いました。特に住民が解決を願っているのが、水道問題です。神戸市の水道が給水されておらず、西宮市から水を買い、貯水槽に貯めて住民に給水しています。専用水道組合を作って、料金徴収から、水道管の取替えにいたるまで、すべて自分たちで管理・運営されているのです。これをいつまで続けられるかわからないと皆さん不安に思っておられます。今日は10人中8名の議員が住民の皆さんのお話を聞き、現地も色々と見せていただきました。写真は、住民の方がパネルで説明されているところです。議員全体の認識になったと思います。これから400世帯以上の方が住まうこの地域のことを、北区の議員が力を合わせて解決していければよいと切に思います。


社会保険病院の存続を!

今日は、社会保険神戸中央病院に伺い、病院長・事務長さんと懇談させていただきました。元参議院議員の山下よしきさん、堀内照文さん、ぬきなさん、森さんも一緒でした。社会保険病院は、20年前に住民の強い要望で今の所に移転し、老人保健施設や看護学校も併設され、地域の中核病院としての役割を果たしています。救急患者の受け入れも地域で一番多く行っている、地域になくてはならない公的な病院です。しかし、社会保険庁は、全国に54ある社会保険病院に対し、3年間の経営改善計画を行わせ、それぞれの社会保険病院を3グループにわけて、今後どうしていくか決めるという方針を出しています。そのとりまとめが今年度中となっているのですが、社会保険庁からはいまだに今後の方針が示されていません。病院長・事務長さんともに、今後の病院の行く末がどうなるのかわからない不安を語られていました。私たちは、神戸市からも国に公的病院として存続させるよう声をあげることや、住民の皆さんと一緒に病院を守っていきましょうとお話をしましたが、3年間血を流すような苦労を続けて病院経営を黒字にしてこられた病院の皆さんの苦労が報われ、患者も安心して医療が受け続けられる公的病院として存続してもらわねばと思いました。住民団体が、今の議会に請願も準備されています。社会保険病院存続を、皆さんと一緒に運動して行きます。