党会議に参加して

2007年12月10日

昨日は、一日党の会議でした。一年間の方針や人事を決める大切な会議ですが、共産党の一番基礎の組織である支部の代表者が参加し、 発言をして活発な討論が行われます。今年は、若い人の発言が新鮮でした。お父さんが議員をしている28歳の若い青年は、 「僕が党員を増やすことが、父がやってきたことを前進させること」と発言し、周りの青年に党のことを話しているということでした。また、 「党のことをもっと勉強して、周りの人に訴える力をつけたい」と、講師資格試験に挑戦した青年の発言もありました。 今の日本をなんとか暮らしやすい国にしたい、そのために共産党を大きくしたいと、若者が努力をしている姿に、 参加した多くの人は自分の初心を思い出したと思います。長時間にわたる会議でしたが、明日からの活動の元気をもらった党会議でした。