どこでも熱い声援

日曜日は、宣伝ラリーを行いました。小雨が降って肌寒い一日でしたが、朝9時から夕方まで、 小選挙区の予定候補の井村さんと一緒に宣伝しました。最初に宣伝したショッピングセンター前では、 パンフレットの受け取りがすごく良くてびっくりするほどでした。「しっかり読ませていただきます。」という男性や、「いつも応援してますよ」 と言ってくださる女性など、多くの声がかかりました。先週、同じ場所で他党の候補者が宣伝していましたが、 私達のほうが断然人気がありました。日常的に宣伝していることも、影響していると思います。次の場所でも「がんばってや!」 と熱い声援が寄せられました。午後からは、市営住宅の前で宣伝。たくさんの支持者と、 通りがかりの人も井村さんの演説を座り込んで聞いてくれました。演説にも力が入ります。中学生も、わざわざ出てきて聞いてくれました。 終わってから後ろを見ると、あちこちの窓から、顔を出して聞いてくださっていました。日に日に反応はよくなります。 選挙の日程が伸びれば伸びるだけ、人気が上がるようなたたかいにしていきたいものです。


議員の海外視察復活

明日の本会議で、今まで中止していた議員の海外視察を復活する議案が議員提案されます。神戸市の財政が厳しいからと、公立保育所を民営化したり、敬老パスを有料化したりしてきた与党の議員たちが提案するというのですからあきれます。議員1人あたり公費約100万円を使い、第1弾は10名が参加するそうです。医療産業都市の関連都市などを視察するそうですが、市民感覚からしたらまったくのムダ使いそのものです。明日の本会議では、うちの会派からその議案について質疑する予定です。


市会報告座談会

日曜日にある地域で、市会報告の座談会に呼んでいただきました。15人の方が参加されましたが、始まる前から話が盛り上がりました。「市民税が3年前と比べて、42倍も増えた。神戸市は空港なんかつくるから、市民税に反映されてるんではないか?」「わしは75歳以下やけど、障害があるから後期高齢者に入れられた。妻は国保で二人合わせると保険料がすごい上がっている。腹が立って区役所に行くと、ここで言ってもしかたない。国に行きなはれと言われた!」「ゴミの取り残しが増えて、団地のゴミ捨て場に捨てて行く人が増えた!」などなど話は尽きませんでした。私は、決算議会の内容もからめて、神戸市で起こっていることをお話ししました。徴税の強化、民営化、神戸空港の現状、新たなムダ使いなどなどです。私の話の途中でも、「そんなことばっかりしてるから、神戸市にお金がなくなるんや!」など声がかかります。最後はやはり政治を変えようという話になりました。井村さんも来て、元気の出るあいさつをしてくれました。これまで、私たちとつながりの無かった方も3人も参加してくれていたそうです。これからもこういうミニ集会をたくさん開いて、市民の声を聞いていきたいです。


子どもたちに一刻も早く保険証を!

この議会の中で、私たちは「国民健康保険料が払えずに国保証が資格証となっている世帯の中で、子どもたちの数を把握すること、子どもたちが医療を受けられない事態を一刻も放置すべきでない」と求めてきました。ところが神戸市は、国からも調査を求められているのに、「調べるのに新しいソフトがいる」などといって、なかなかきちんと調査をしていませんでした。昨日やっと「資格証明書」の発行を受けている世帯3588世帯のうち、中学生以下の子どもが73世帯103人いると報告してきました。これから、特別相談を行って保険証を交付するとのことです。しかし、「今まで何をしていたの?」という思いです。資格証だと10割窓口で支払わなければ行けませんから、幼い子どもが病気になっても親は病院を受診していない可能性が高いと思います。保険料が払えない家庭が、10割の医療費が払えるでしょうか?一刻も早く子どもたちに保険証を交付して、安心して病院を受診出来るようにして欲しいと思います。