議員研修会

昨日今日と共産党の兵庫県の議員研修会が開かれ参加しました。昨日は全体会があり、今日は分科会がありました。私は中小業者の分科会に参加しました。兵庫県各自治体で行われている、住宅リフォーム助成制度や小規模工事登録制度などの実績などが話されました。中小業者の仕事作りに積極的に自治体が取り組んでいる経験から学ぶところが多かったです。神戸市は中小業者の仕事作りにあまり積極的ではありません。中小業者が不況の中で必死に生き残ろうとしている中で、真剣に支援策を考え実施してくれることが、中小業者を励まし結果として税収も増えていくことに繋がります。議会に活かせる内容の濃い研修会でした。


終戦記念日の宣伝

昨日、15日は65回目の終戦記念日でした。いつも宣伝車を運転してくださるIさんと一緒に、一日中北区内を宣伝。テープもつくって町中を回りました。核兵器廃絶の機運が高まっている時ですから、核廃絶のためにさらにがんばる決意を述べました。今日は市会報告の準備をしました。それぞれの議員が、自分の個性ある市会報告をつくっています。わたしは、ハガキの市会報告をつくっています。ハガキを買ってきて、自分で印刷。名簿のだぶりがないか、転居などもチェックした後、名簿をラベルに打ち出します。これも自分でペタペタと貼り付けていきます。なかなか時間のかかる作業ですが、一枚一枚皆さんの顔を思い浮かべながらラベルを貼っていきます。これも大切な仕事です。


読書。ナガサキ消えたもう一つの「原爆ドーム」

しばらく、ブログが出来ない状態が続いていましたが、管理人さんが新しいブログをつくってくださいました。日々の活動を更新したいと思います。お盆に入り、我が家の近所も静かです。こんな時に、日ごろ出来ない事務的な仕事をやっています。ハガキの市会報告を出す準備、敬老パスの署名を地域でお願いする準備など、時間をとってやっています。それから読書。ナガサキ消えたもう一つの「原爆ドーム」という本を読みました。広島の原爆ドームと同様に、長崎の浦上天主堂は原爆によって廃墟となり、長崎市では保存することが検討されていたそうです。しかしアメリカからの政治的な力などが働き、浦上天主堂は取り壊されてしまったということです。保存されていれば、広島の「原爆ドーム」とともに、原爆の恐ろしさ無残さ、核兵器を二度と使わせないための生き証人として大きな役割を果たしただろうと思います。本当にいまさらながら残念です。原爆投下を正当化し、生き証人を抹殺する方向で動いた当時のアメリカの圧力などが様々な資料から伺えました。北区では、20日から有野台会館で原爆展も開かれます。平和のために私たちに何ができるのか、考える夏にしたいです。