農地の埋め立て

昨日は農村地域の運動会に来賓として参加し、その後三田市に新たにできた法律事務所の開所記念パーティに出席しました。私の事務所から15分のところに事務所ができたので、気軽に相談にいけます。その後は地元の後援会の慰労会で皆さんと楽しく歓談し、夕方からは農村部の土地の埋め立ての問題で現地を見てきました。埋め立て時に産業廃棄物が入れられたのではないかという懸念がありますが、大量の土砂が入っているため事実を明らかにするのは容易ではありません。池の土を神戸市に検査してもらいましたが、有害物質は出ませんでした。土砂の埋め立ては、特に地域の皆さんの監視と協力体制が不可欠だと思います。


選挙後半戦応援

選挙の後半戦が始まっています。私は、隣接する市の応援に行っています。支持者の方などに電話でお願いするのですが、地域の要望などがつかめていないので訴えに説得力がありません。しかし、対話を重ねると「国道の取り付け道路を早くしてほしい」とか「コミュニティバスの運行をお願いします」など、地域の実情もわかってきました。神戸市の市街地から離れた北区と同じような要望と不満があることがわかると、自信をもって話が出来るようになりました。あと数日、選挙が終わるまで、一生懸命応援に出向きます。


選挙が終わりました

選挙が終わりました。私の得票は7172票で、5位で当選することができました。たくさんの皆さんのおかげです。この議席の重みをしっかり受けとめて、これからもがんばります。さて、選挙の終盤に体調を崩してしまいました。候補者カーに乗っていて、横腹が異常に痛み、我慢できず候補者カーを降りて病院に駆け込みました。診断は「尿管結石」。5ミリほどの結石が痛みの元でした。何とか、最終日まで痛み止めを使いながら乗り切りました。選挙後はダウンしてしまい、やっと回復してきました。やはり、選挙は過酷です。早速土地の境界の問題や、年金の問題など「待ってました!」とばかりに、相談も寄せられています。待ってもらっている相談事もあります。この選挙で、我が会派は10人の議員から9人の議員に減らしてしまい、1人の議員の役割がより重くなります。早く体調を万全にして、いろんなことに取り組みたいと思います。