健康が一番!

議会の合間に、2年近く体内に留まっていた結石を取る手術をしました。いっせい地方選挙の時に痛み出した石です。少しずつ下に移動していたのが、ある時から動かなくなってしまいました。腎臓も腫れて、いい加減手術をしないとだめだと医者に言われていました。元町の有名な病院で手術、2泊3日で帰れましたが、出産以外で入院などしたことがなかったので、少々緊張しました。1時間弱の腰椎麻酔による手術で、尿管結石は砕かれ排出されました。やれやれ・・・。現在は、少々の痛みと違和感(チューブみたいなものが入っている)があります。しばらく安静にと言われているので、数日間仕事はデスクワーク中心にやります。やっぱり健康が一番!


企業の法令順守義務

ある企業を解雇された方と、労働基準監督署へ相談に行きました。退職金のこと、時間外手当の問題で行きました。彼はこれまで何度も就業規則を見せてほしいと頼んだのですが、「今作り直している最中だから」と見せてもらえず、辞めさせられるときに一部コピーを受け取ったということでした。監督署に提出されているのを見ると、コピーされたものとは全く違うものでした。さらに、時間外勤務手当は基本給だけでしか計算されておらず、これも不十分とわかりました。基準監督署では丁寧に対応してもらい、他にもこの企業が労働安全衛生法などにも違反していることを訴えてきました。アドバイスを受けて、その企業に向けて退職金と時間外手当の支払いを求める請求書をつくっています。働かされ方に疑問のある人は、監督署をもっと活用する方が良いと思いました。


兵庫県商工交流会

昨日は、午前中地域に入って、市民の皆さんの声を色々伺いました。わざわざ家に上げていただいたお宅もありました。多くの方が、今の政治は「どうしようもない」と、怒りとあきらめの思いをもっておられます。色んな問題で、共産党がしっかりした政策を持っていること、マスコミが意図的に共産党のことや国民の運動を報道しないことを話すと、「議席を増やしてほしい」「もっと大きくならんと」と共感していただけました。午後は兵庫県商工交流会に参加し、吹田市の産業振興条例をつくるまでの苦労された話や明石市のリフォーム助成制度の話などを聞き、神戸でも運動と一緒にこれらを実現していきたいと思いを強くしました。


常任委員会で質問

議会も最終盤にさしかかり、今日は私の所属する総務財政常任委員会が行われました。新長田の再開発地域では、商売をしておられる地権者の皆さんが、固定資産税の減免を求めておられます。この地域は、震災後神戸市が再開発を行い、多くのビルを建てました。商店の区画も地下と1階2階と3層構造にしたため、広すぎて空き店舗も多いです。実際にはお客さんがたくさん来て賑わうということにはなっていません。鉄人プロジェクトや三国志など、地元は精一杯街の活性化のために頑張っておられますが、商売を続けられない人も多くなっています。このまま黙っているよりは行動を起こそうと、地元の商店主さんたちは固定資産税の減免や管理費問題などで立ち上がっておられます。固定資産税は市税ですので、神戸市が政策的に減免制度をつくることができます。街の活性化と賑わいを取り戻すためにも色んな支援が必要であり、固定資産税の減免もそのひとつだと思い、行財政局に求めました。「一定の地域だけ減免はできない」という答弁でした。しかしこの地域の支援策を真剣に考えなければ、ますます商店に活気がなくなってしまうのではないでしょうか?この議会から常任委員会も同時中継と録画中継が始まりました。2~3日後にはご覧いただけます。神戸市会のホームページで、インターネット中継をご覧ください。


第40回北区母親大会開催

IMG_20121014_134621

今日は、第40回目の北区親大会に参加しました。坂元廣子先生が、現在の食文化の問題や子どもたちの貧困からも中学校給食が必要だということをお話ししてくださいました。いつも、先生のお話にパワーをもらいます。それにしても、40年も母親大会を続けていらっしゃる皆さんの努力には頭が下がります。


三田市議選 共産党全員当選!

昨日行われた三田市会議員選挙では、共産党の現職3人が全員当選しました。定数削減の中、随分心配されていただけに、皆さん本当にうれしいことだと思います。我が家の息子と娘は、毎週三田駅で市会報告されている長谷川よしきさんのファンになり、何度か選挙のお手伝いに行っていました。私も議会の合間に半日だけ応援に行きました。長谷川さんの中位での当選に、「まじめに活動しているのを、有権者はちゃんと見てるんやね」と、家族みんなで納得。それにしても、民主党の現職が二人も落選しているのは、国政の影響も大きいのでしょうか?日本共産党は、私も含めて応援弁士も国政を語って頑張りました。皆さん選挙お疲れ様でした。これからの4年間、三田市民の幸せのために頑張ってください。


決算委員会で質問

昨日・今日と決算委員会で質問しました。行財政局では、公契約条例の制定・小修繕の問題・指定管理者制度の検証について聞きました。今日の企画調整局では、ポートアイランド二期の医療産業都市のエリアが、南海トラフの地震が起きた場合に津波や液状化の危険性があることをプロジェクターを使って示しました。今回の委員会からインターネット同時中継も行われるようになり、3日後から録画中継も見れます。自分の質問の反省もできますし、当局答弁を早く正確に見て次の質問に活かすこともできます。今回の決算委員会では副委員長になったため、委員会の運営を行っています。司会者みたいなものですが、議員の質問をきっちり聞いて、答弁漏れがないかチェックしています。決算委員会は10月12日まで続きます。


400億円の市民負担!

昨日から議会が始まりました。早速、提案された議案に対する質疑を行いました。動画はyoutubeでご覧になれます。中央卸売り市場の西側跡地を45億円でイオンに売却する議案、神戸市住宅供給公社に対する債権放棄や新たな借金の問題、舞子ビラの債権放棄について質問しました。住宅供給公社や舞子ビラの債権放棄などは400億円もの市民負担になり、市長の責任を質しましたが、他人事のような答弁でしかありませんでした。これからも、赤字の外郭団体に対し債権放棄(借金を反故にする)したり、さらに支援したりしていく方向は変わらないと思います。一方で、福祉パスの見直しなど、神戸市が他都市より優れた福祉の施策は削るばかりです。支援のあり方が違うと思います。