2013北区新春のつどい

DSC_8871

IMG_20130126_151730昨日はしあわせの村で「2013年新春のつどい」が行われました。

私は市長選挙に向けて市会報告を行い、参議院選挙でがんばる金田峰生さんがメイン講演を力強くされました。露の団姫さんの落語や太神楽も楽しみました。皆さん十分に楽しんでいただき元気の出る催しだったと思います。実行委員会の皆さんお疲れ様でした。


公契約条例を神戸市でも制定を

IMG_20130124_183408昨日は公契約条例の学習会に参加しました。千葉県野田市で始まった公契約条例は、川崎市など政令指定都市にも広がっています。公契約条例とは、自治体が発注する工事や業務委託に関して、適正な単価や賃金を保障していくことを目的としています。昨年の決算議会では、私もこの問題を取り上げ一日も早い条例制定を求めました。労働組合などの運動と連帯して、条例制定をめざします。


神戸市の中学校でも体罰!

今日の夕方のテレビで、神戸市の飛松中学で教師による体罰があり、処分されたと報じられていました。ちょうど昨日私のパソコンメールにも、北区の中学校で野球部の顧問による体罰と暴言がひどいという苦情が寄せられ、その中学の教頭に事実関係を調査するよう依頼したところでした。その中学の教頭は「いままでそのような苦情は一件もよせられていない。信じられない。体罰は一番嫌いなことです。」と言われたので「子どもを人質のようにとられていると親は思っている中で、学校に苦情を言う親はめったにありませんよ。教頭先生が気づいていないというのは、職務怠慢ではないですか?」と反論しました。これから地域の方とも連携して、これまでこの教師が行った体罰の事実をしっかりつかんで二度と起こさせないようにさせなければと思います。「こどもの権利条約」では、子どもの人権が保障されており、学校教育法でも体罰は禁止されています。このことを教職員の皆さんはしっかり肝に銘じるべきですね。大阪市で起きた悲劇を繰り返さないためにも。


娘の結婚

IMG_20130112_152257昨日は娘の結婚式でした。身内だけで行われましたが、親せきや近所の方はじめ、多くの方から祝福いただきました。若い二人が、幸せに暮らせる社会にしなければとの思いを強くしました。私の隣でハンカチをぬぐっている花嫁の父が印象的でした。


借り上げ住宅 住民の運動が市政を動かす!

これまで、日本共産党が市民の皆さんと一緒に運動してきた借り上げ復興公営住宅の入居延長の問題で、ついに神戸市が「借り上げ市営住宅懇談会」を設置し、転居困難な要介護者や障がい者の皆さんの入居延長も検討することとなりました。いままで、一貫して「20年の期限で退去」と言っていた神戸市の方針が、180度変わったことは歓迎すべきことです。しかし、懇談会の委員名も公表しない・委員会は非公開など、多くの問題もはらんでいます。我々は、住み続けたたいと望むすべての住民の継続入居と、懇談会の公開などしっかりと求めたいと思います。


切実な要望あれこれ

今日も農村部中心にあいさつまわりをして、要望などお聞きしました。戦中派の方は、安倍政権になって憲法が変えられる危険性があることをお話しすると、戦前に受けた教育のひどさや理不尽さを語ってくださいました。また、娘さんが重い心臓病を患っているお宅では、医療費の助成制度をよくしてほしいと切実にお話しされました。元教師の方は、「消費税に頼らないと共産党は言っているが税収はどうやって増やすのか」と聞かれ、共産党の経済提言の中味をお話ししました。すると「年金は減り物価が上がって消費税が上がれば、暮らしていけない人が大勢いるよ。共産党がまじめに頑張っていることはよくわかる。」と言ってくださいました。日常的に切実なお話を伺ったり、党の政策をしっかり話すことは、とても大切なことだと実感しました。この地域では、あちらこちらで新年会も行われていましたが、誰も住んでいない家も増えているということで過疎化対策もまったなしです。


農村にて

年明けから、あいさつまわりをしています。日頃なかなかお話しできない方々のご意見を伺える、貴重な時間です。今日は、農村部を地域の人とご一緒にまわりました。外でたき火を囲んでの新年会にも参加させていただきました。イノシシの被害が拡大していること、電気柵に神戸市の助成を行ってほしいとの話、農業そのものの先が見えない話など、色々と聞かせていただき、議会で取り上げられる話もお聞きすることができました。一人の方が「共産党がぶれずに一貫している党だということは、これからもっと国民にわかってくると思う。それまでがんばれ!」と言ってくださいました。皆さんとふれ合ってお話しすることが、改めて新鮮で元気をもらう場になりました。1月中はこの活動を続けます。