仙台市視察

8月20日から3日間、総務財政常任委員会で仙台市・さいたま市・東京都・横浜市に視察に行きました。仙台市では、東日本大震災の復興の状況と今後の課題を聞きました。津波被害のひどかった沿岸部、人口約2万2千人の地域は、集団移転が必要とのことでした。住宅の再建方法としては、集団移転が約50%、単独移転が26%、復興公営住宅への移転希望が23%となっていました。バスで、仮設住宅・建設中の復興住宅を車窓から見ました。津波被害に合った荒浜小学校を見せていただきました。2階まで津波に襲われましたが、4階建てだったため子どもたちや避難した住民の皆さんは助かったそうです。現在は廃校になっていますが、当時のまま残されており津波被害のひどさが一目でわかりました。建設中の復興公営住宅。希望するすべての人が入居できるといいのですが・・・

IMG_20130820_143911

IMG_20130820_144851津波被害のひどかった荒浜小学校。4階建ての1階部分。写真向こう側が海で、窓を突き破って天井まで水が来た様子がはっきりわかります。校長先生が、毛布や食料などを4階に備蓄し、いざとなったら上で避難すると決めておられたため、学校にいた児童は全員無事だったそうです。