非核神戸方式決議39周年パレード

 

非核神戸方式昼デモ④3月18日は、神戸で非核神戸方式ができた記念日です。

非核神戸方式は、外国の艦船が神戸港に入港する際に非核証明書を提出するというシステムで、神戸市会の決議によって決められたものです。

神戸港では、このシステムができてから一度もアメリカの艦船は入港していません。アメリカは、核兵器を積んでいないか積んでいるか寄港する際に言う必要はないというスタンスなので、

この証明書はだせないのです。日本でも唯一の制度ですが、平和な港であり続けるためにとても有意義な制度です。

日本中に、そして世界にこのやり方を拡げようということでパレードが行われ参加しました。これからも、非核神戸方式が守り続けられることを願います。

こちらの記事もご覧ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です