いっせい地方選挙、後半戦応援

22日投票の選挙応援に毎日行っています。私は、姫路市の女性候補の地域で政党カーから訴えています。 国保や介護保険料を値下げすること、子育て支援の拡充、ムダを削って暮らしや教育にまわすことを柱に演説しています。 43の議席に50人以上が立候補する多数激戦の選挙ですから、少しの気の緩みも許されません。昨日の晩は、演説会の弁士でした。 新人の女性候補ですが、現職の議員が体調が思わしくないため交代して立候補しています。「命を削って仕事をしてきた・・・ さんのあとを継がせて欲しい!!」との訴えに、会場の人たちは涙を拭いていました。彼女自身、幼いころから色々苦労して育ったけれど、 正義感は人一倍強かったと近所の方が話をしてくれ、これも皆さん感動していました。3人のこどもの母親ですが、 細い体にすごいファイトで話にも迫力がありました。ぜひ当選して、住民の代表として走り回ってほしいと思います。共産党の候補者はどこでも、 どんな苦労にも負けないで、最後までがんばりとおすことができる。多くの人の切実な願いがある限り、そこに依拠してがんばれるんだと、 応援に行ってつくづく思います。それにしても、お母さん候補者はみんな元気です。「母は強し」を実感しています。

こちらの記事もご覧ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です