新しい年・市民いじめに審判を!

新しい年を迎えました。除夜の鐘を聞きながら、近くの神社で新年のあいさつを1時間ほど行いました。今朝は夫の実家で親戚が集まり、新年のあいさつ。大きくなった子どもたちも集まり、いとこ同士仲良く遊んでいました。今年は就職や結婚で関西を離れる子どもも多く、自立への第一歩が始まります。新聞を開くと「統一地方選挙」の記事が目に留まります。どの政党が市民をいじめているか?それに対決して住民を守るのはどの政党か、事実をしっかり市民に知らせる時です。とりわけ民主党の役割、地方政治では「当局の提案」に全部もろてを挙げて賛成していること、神戸市の汚職問題の幕引きも民主党の委員長が行ったことなどを、もっともっと市民に知らせないといけません。今年から、いつも行っている早朝宣伝も時間を早めて2時間行います。市民と行政をつなぐ「架け橋」としての役割を強めるためにも、しっかりがんばる1年にしたいと思います。

こちらの記事もご覧ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です