地域に根を張る活動

毎日のように、後援会ニュースを読んでいただいているお宅を20件ぐらい訪問しています。夕方でもお留守のところが多いのですが、いらっしゃるお宅では、色々と話が弾むことも多いです。「この前市会報告が入っていましたね。読みましたよ」「ポスターが色々貼ってあるから選挙かなぁと思っていました。がんばってください。」などの話から、家族の病気の話や地域の話題など多彩な会話をさせてもらいます。3回程度お目にかかると、相手の方からきさくに話をしていただけます。また、名前と顔がお互い一致するのも、3回ぐらい話をしてからです。こつこつと市民の方を訪問する活動は、地味ですが市民の皆さんの思い・要求がわかり、一番大切な活動だと思います。日暮れが早いので5時過ぎには切り上げていますが、毎日付き合ってくれる地元の党員の皆さんには頭が下がります。地域の党員がしっかり地域に根を張っているから、私たちも気軽に訪問できるのです。今日も歩いていると、「防犯」と書かれた黄緑のウインドブレーカーと真っ赤な帽子を被った党員が、バイクで通っていきました。パトロールをしているようでした。長年、地域の活動を熱心にしている彼にも頭が下がりますし、彼が地域で信頼されていることはいろんな方から聞いています。地域を歩くと、皆さんに支えられて議員の活動があることを痛感します。

こちらの記事もご覧ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です