「党を語る会」で

昨日の夜「党を語る会」が行われました。参議院比例の予定候補者・山下さんが、今の世界の流れの中で共産党が果たしている役割、国内政治での自民党政治と対決する軸について、わかりやすく話をしてくれました。堀内選挙区予定候補は、自分の党員としての生き方を話してくれました。お二人の話は、とても心にしみるものでした。その後、一緒に行っていた女性に「今日共産党に入らない?」と聞くと、「どうしたら入れるん」と聞くので、申込書をお渡しし、その場で書いてもらいました。彼女はみなさんと握手をして喜んでいました。「いままで何も知らずに生きてきた。これからいろんなことを勉強したい」と眼を輝かせて言ってくれました。平和を守るため、暮らしを守るために一緒に考え、行動してくれる仲間が増えてとてもうれしいです。毎日忙しくて文句のひとつも言いたくなりますが、こういううれしいことをたくさん積み重ねていきたいですね。

こちらの記事もご覧ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です