神戸ワイン・神戸市が債権放棄

 6月議会で、フルーツフラワーパークを運営している外郭団体「神戸ワイン」への貸付金30億円と利息4億4千万円を放棄する

議案が提案され、私が代表して質疑しました。ここまで債務を増やした神戸市の責任や市民への説明責任などについて、追及しました。

 私は「フルーツフラワーパークが開園してから「神戸ワイン」の経営は赤字になり、神戸市からの至れり尽くせりの支援も増えてきたこと」を

指摘。早い段階で、「ホテル経営などを止め、フルーツフラワーパークを農業振興にシフトしていれば、これだけの債権放棄は必要なかったのではないか?」

と質しました。副市長は、「市として努力を続けている。経営改善など取り組んできた」などと答弁しました。

さらに、赤字を増やしてきた公の責任と市民への説明責任を果たすべきと求めました。

今回の債権放棄と資本金が戻らないことにより、50億円近い市民負担が発生します。これまでも神戸市は、海上アクセス・住宅供給公社・神戸マリンホテルズ・

神戸航空交通ターミナルなど、外郭団体の清算に574億円もの市民負担を発生させています。今回の債権放棄と合わせると600億円を超える市民負担となり、

市民から大きな批判の声が出ています。

こちらの記事もご覧ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です