神戸市情報公開審査会 体罰教師の氏名公表の答申!

今日の神戸新聞の記事です。「神戸市情報公開審査会は、神戸市立学校の体罰報告書に関する情報公開請求に対し、教職員名を非公開とした神戸市教育委員会の決定を妥当とせず、一部を除き公開を求める答申を出した。市教委はあらためて公開の可否を検討するが、これまで答申に反して非公開とした例はない」とのことです。体罰教師の問題は、何度かブログでも書き、常任委員会でも松本のり子議員が取り上げました。最初、体罰を否定していたK中学の教頭も、認めざるを得なくなった経過がありました。しかし、その体罰教師はたいしたお咎めもなく、今はO中学の教頭になっています。教育委員会に都合の悪いことはなんでも隠したがる神戸市教育委員会が、今後、体罰をなくすためにも氏名を公表することを強く求めます。それと同時に、体罰の処分が甘すぎるという現状も変えていかなければならないと思います。学校では、何よりも児童・生徒の人権が守られなければならないということを、子どもたち自身も保護者の皆さんもそして、教職員の皆さんも改めて認識して、体罰という暴力をなくしていきましょう。

こちらの記事もご覧ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です