中学校給食異物混入問題申し入れ

 

DSC_0887昨年秋から業者弁当で始まった中学校給食で、1事業者から多くの異物混入があり、この業者からの給食が中断しています。

この事態を受けて、日本共産党議員団として5項目にわたる申し入れを行いました。1、給食の中断を招いた責任の明確化2、必要な改善と再発防止3、弁当が持参できない子どもたちへの対策4、こうした事態を招いた経過の検証と安全な給食の実施方式の検討5、自校方式に見直すこと、です。給食の担当部長は、何を聞いても「これから」という答えで、無責任だと痛感しました。11月から始まる給食の見通しも不明です。安全・安心な中学校給食への変更を求めて、日本共産党は皆さんの声を届けます。

こちらの記事もご覧ください

  • 進水式進水式 え 今日は川崎重工業神戸造船所の進水式を見てきました。写真は進水の瞬間です...
  • 6月議会が終わりました6月議会が終わりました 今日で新しい任期の初めての議会が終わりました。12人に増えた議員団は、議...
  • 決算議会決算議会 9月の18日から決算議会が始まり、私は代表質疑で三宮の開発と台風被害対策に...
  • 400億円の市民負担!400億円の市民負担! 昨日から議会が始まりました。早速、提案された議案に対する質疑を行いました。...
  • 反省のない神戸市反省のない神戸市 昨日は本会議で共産党から森本議員と赤田議員が代表質疑をしました。森本議員は...
  • 水道局質疑水道局質疑 水道局の質疑の動画です。地域の問題もとりあげました。...
  • 危機管理室質問危機管理室質問 今日は、危機管理室と選挙管理委員会で質問しました。特に危機管理室では、地震...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です