市民の中へ

個人のお宅や会館を借りたりして、市民の皆さんと懇談会をしています。市政報告や消費税増税をストップさせる提言の内容をお話し、皆さんからも色んなご意見をお聞きしています。昨日は高齢化の進む地域で行い、8人ほど集まってくださいました。年金がさらに引き下げられることなど、グラフを使って説明すると、口々に今の政治に対して怒りが出てきました。消費税が上げられたら、3年で一か月の年金が飛んでしまう計算になります。「国民の生活なんかなんにも考えてないね」という声、その一方で「共産党はどうして増えないのかしら?」と、よく言われる質問もでました。選挙制度の問題、マスコミの問題など丁寧にお話をしました。市政の問題も詳しく報告し、地域の問題・交通費の高い問題などおしゃべりに花がさきまた。最高齢97歳の方も笑顔で「いい勉強になったわ」と言ってくださいました。夜は業者さんの集まりで、同じような報告をしました。国保の減免や無料定額診療のことなど、色々質問も出されました。中小業者が不況で大変なこと、融資なども受けにくい状況が広がっていることを教えていただきました。これから10か所ぐらいで懇談会が予定されています。「3人集まってくれたら、どこにでも行きます」とお話ししています。市民の中に入って皆さんの要望をお聞きし、それを議会で取り上げたり、政策化していくことが私たちの大切な仕事です。

こちらの記事もご覧ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です