6月議会が終わりました

22日で6月議会が終わりました。この議会の真っ最中、母の具合が悪くなり入院・検査と慌ただしい中での議会となりました。最終本会議では、神戸市が広域連合加入するための手続きに入る議案の反対討論を行いました。この最終本会議では、みんなの党が議員の報酬を削減する条例改正案と議員の定数を減らす条例改正案を突然提案しました。これらの問題は、これから時間をかけて議会全体で議論をしていこうと議会改革の検討会で合意していたことであり、唐突としか言いようがありません。しかも、条例案の提案説明は改正の条例案そのものを読み上げるおそまつさ、議員からの質問に対しては、答弁するはずの議員が逆に質問しだすという前代未聞の出来事までありました。議会も身を削るべきという前に、神戸市のムダ使いなどに全部賛成している自分たちの態度こそ改めるべきでしょうね。言っていることとやっていることが一番違う政党だと、あらためて確信しました。昨日は東京で、消費税増税や原発再稼働問題などの悪政をはね返そうという2万4千人の大集会が開かれました。たたかいはこれからです。地元 で多くの市民に訴えていきます。

こちらの記事もご覧ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です